中学生のときに書いた卒業文集

私が中学生のときに書いた卒業文集が出てきたので晒します.


タイトル:「考える」

何事にも,「考える」ことは重要である.学問,日常生活でもそうである.人間は,「考える」ことで大きく成長するのである.「考え」て,「成長する」ことで,学問が精進され,一般的な常識が身につけられるのである.僕たちは,この三年間で果たして成長したのだろうか.少なくとも僕は成長していない.周りの環境が悪いから勉強できないという理由をつけていたのが中学の僕である.何も言い訳をせず,やるべきことをやる人間が「成長した人間」である.一刻も早く「成長した人間」になりたい.


感想:中二病ですね.