読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナムの安宿感想

  1. ベトナム人は*1、定員というものを知らない。従ってダブルベッドに3人4人で寝ることもためらわない*2。我々は3人で安宿に泊まったのだが、1つのダブルベッドにつき3人寝ることを所望された。ベトナムではこれが普通であることは重々承知だが、日本ではあり得ない。
  2. これは当たり前だが、シャワーからお湯は出ない。
  3. コンセントは2口しかなかった。ベッドの周囲にはない。
  4. テレビはブラウン管である。テレビなんてあってもなくてもベトナム語が分からないのだから関係ない。
  5. タンスの中は蜘蛛の巣が張ってる。
  6. Wi-Fiのルータが1階にしかなく、階が上がるにつれて電波強度が弱くなっていく。最上階では、皆が電波を求めて窓側に集結するというなんとも奇妙な光景を目にすることができる。
  7. まともに点く部屋の電球が1つしかなく*3、夜は超暗い。
  8. エアコンが動かない。
  9. 部屋のドアが今にも外れそうなほど建て付けが悪い。

*1:すべてのベトナム人がそうではないことに留意して欲しい。

*2:ベトナムバイクを見たことがある人はお察しであろう。

*3:もう1つあるのだが、こちらは豆電球程度の明るさで役に立たなかった。