Advent Calendar 記事投稿の遅延に関するお詫び

お詫び

本日投稿予定でした,MCC Advent Calendar 2017 - Adventar 16日目の記事「Web掲示板の閲覧が便利になるツールを作った」ですが, 何もできていないので,投稿が遅れます.

年内にはサービスを完成させて,記事を投稿したいと思っています.

この度はホンマにすいませんでした.

MCCの副部長として

この記事は,MCC Advent Calendar 2017 - Adventar 2日目の記事です.

昨日は,gurapomu 氏の TUATMCC 2017の総括 - ヒューマンコンテンツにっき でした.


はしがき

こんにちは.TUATMCC 元副部長のhuです.先日,めでたく(?)代替わりしました.

本記事では,TUATMCC の副部長として運営に携わった感想などについて書きます.

記事の構成については,TUATMCC 2017の総括 - ヒューマンコンテンツにっきと被りますが,ご容赦ください.

そして今日は僕の誕生日でもあります.

合宿 (初回)

実は今年まで MCC では合宿を開催したことがなく*1,かねてより合宿を開催したいような気持ちはありました.

特に,技術系サークルでは,開発合宿といって,旅館に泊まり込んで自由形式による開発をする,ということが頻繁に行われておりまして,MCCとしてもそういったことをすれば部員間の交流の活性化になるかなあとしみじみ思っていました.

私が副部長になったのが昨年の10月頃でした.その頃から色々と計画を練って,12月頃に合宿開催のお知らせと参加を募ったメールを送ったのを覚えています.結果としては同期・先輩・後輩で8人集まりました.

合宿は2月〜3月にかけて,二泊三日で山喜旅館というところで行いました.LT大会をしたのちに,適当に決めた各チームに分かれてハッカソンを行なっていました.そもそも来た部員達が,一定以上プログラミング能力がある / 実装能力があったので,スムーズに進んでいました.ハッカソンの運営をするのは初めてで,周りが無意識のうちにサポートしてくれていたことに気づいたのは数ヶ月後でしたが,感謝しています.

このときの合宿では,1日目〜2日目の午後までハッカソンを行い,残りの1日は自由時間でした.僕はといえば,お酒を飲みすぎて二日酔いになりました.

新歓

合宿開催後,そのまま季節が過ぎ,4月になりました.

4月と言えば,新入生歓迎の時期です.ここら辺の経緯についてはあんまり覚えていませんが,新歓をやりたい人が誰もいなかったのか,僕が副部長兼新歓担当となり,諸々の作業は行なっていました.ポスターを作ったり,

あとは新入生の健康診断の日にビラ配りをしていたりしましたね.Twitterでの宣伝活動は割と効果があった気がします.

結果として,例年から言えば異常ともいえる新入部員を獲得することができました.半分は消えたような気がしますが.

確定新歓

遅くなったのですが7月,入部した新入部員に向けた確定新歓をしました.場所は居酒屋ではなく,けやきホールという大学の施設を借りて,ピザや寿司を頼んで行なった立食パーティでした.来てくれた新入部員の人達本当にありがとうございました.誰も来なかったらどうしようと思っていました.

本来であれば,「打上げ担当」という役職がおり,その人が場所取り・食事の注文・運営などを仕切ってくれる予定だったのですが,逐電してしまったため,またもや僕が「副部長兼打上げ担当」として運営を行なった気がします.今となっては良い(?)思い出ですが.

ちなみに,このとき,誰がいくら参加費を払ったか,というのを管理していなかったので,ピザ代や寿司代をいまだに僕が建て替えている状態にあります.そのうち精算します.本当にすみません…….

Python講習会

懐かしいですね.Python講習会というのをやりました.

というのも,今年の新入生はプログラミング初心者が非常に多かったので,「どのようにしたら新入部員がMCCの活動に積極的になってくれるだろうか」と,ずっと考えていました.

プログラミング初心者にいきなりCを教えるのは,多分つらいと思うので,まずはPythonのような比較的簡単な言語から入って,モノが出来上がっていく喜びを教えたいな,と思ったのが講習会を開いた理由です.ちなみに,Pythonという言語チョイスにはこれといった意味はなくて,単純に僕がよく書く言語だからです.別の人が講習会を担当したならばRubyとかになっていたかもしれません.

講習会では,Pythonの基礎文法から入って,最後にdocomoAPIを使ってSlack上で動く雑談botを作りました.そもそもプログラミングをしたことがない人達なので,if文とかfor文とかの基礎文法を演習を踏まえて行いました.

知見としては,座学が入るとつまらないので,コードを書く機会をもっと増やせばよかったことと,Windowsを使っている人が多いので,環境による差異が講習会を進めていく上でのボトルネックになってしまったことです.環境の違いをどう乗り越えていくか,というのは技術系サークルとしての永遠の課題であるような気もします*2

夏合宿

新入部員も入ったし夏合宿もやろう!ということで,冬合宿の成功と反省を踏まえて開催しました.場所は前回と同じく山喜旅館です.

結果から言えば,微妙だったなあというのが正直な感想です.なんせ初心者が多いので,ハッカソン,みんな楽しくなさそうでしたね…….僕の運営能力がないことは本当に申し訳ありませんでした.

合宿担当はすでに引き継ぎましたが,次回の合宿はハッカソン抜きでやってみようと思っています.合宿自体,はじめたばっかりで発展途上であるのと,開催1回につき数千円〜数万円の参加費を払わなければならないことから,中々人も集まらず,失敗も許されないんですよね.皆さんが参加を渋る理由もよくわかります.ハッカソンをやることが好きな人もやれば,BBQすることが好きな人もいるわけです.もし合宿に行って「なんか違う」という感想を抱いたら,それは次回の合宿の反省点として引き継がれるべきではありますが,誰も責めないであげてください.

あと,伊東の花火大会が行われていて,宿から花火が見られました.綺麗でした.

思ったこと

プログラミングに関して全くの初心者を,技術系サークルの行事に巻き込んでいくことの難しさを,今年度はひしひしと感じました.

MCCのような技術系サークルは,大学生のあいだでどのように思われているのでしょうか.人によると思いますが,「特異な集団である」と思っている人も,まだまだ存在している / 多数派である可能性は大いにあると思います.そして,どのようにしたらそういった印象を拭えるかということを考えるのが,MCCのこれからの課題ではないでしょうか.新しいことに挑戦し,部員を巻き込みながらMCCの知名度を上げてもらう / 敷居を取り払ってもらうことを,新部長 / 新副部長に期待しております.

そして今いる部員・新入部員の皆さん,ぜひ,主体性をもってMCCの運営に手を貸してくださることを,心より期待しております.

むすび

振り返ってみれば,1年間いろいろなことがありました.副部長として技術系サークルの運営に携われたのは大変貴重なことでした.

正直,MCCに対するここには書けない不満はあります.知りたければ,直接聞いてください.

明日の MCC Advent Calendarは,altcolony 氏の「研究がつらい」です.

*1:大昔にはあったのかもしれません

*2:部費で新入部員全員にMacbookを買ってあげる???

ハノイ日記 9/27 40日目

ハノイ海外インターンシップ40日目の日記

続きを読む

ハノイ日記 9/26 39日目

ハノイ海外インターンシップ39日目の日記

続きを読む

ハノイ日記 9/25 38日目

ハノイ海外インターンシップ38日目の日記

続きを読む

ハノイ日記 9/24 37日目

ハノイ海外インターンシップ37日目の日記

続きを読む

ハノイ日記 9/23 36日目

ハノイ海外インターンシップ36日目の日記

f:id:hu__hu:20160923192032j:plain

続きを読む